サイト構成について

「POST変換」か「Session変換」をする方のみが確認するページです。しない場合はそれ以外の方は読み飛ばして次の【アップロードして動作確認】に▼

POST変換あるいはSession変換を利用している場合は、クッキーが有効であるかどうかと、パラメーターによってセッションを引き継いでいけるかどうかというのが重要になります。

簡単に言うと、

という話です

Cookieが有効かどうかの確認

「POST変換」をする方用の項です。しない場合は読み飛ばして次の項へ▼

POST変換をする場合、事前にdream.phpを読み込んでいるページに一度もアクセスしないまま作品ページを開くと、Cookie機能上最初の一回だけCookieを保存できる環境であるにも関わらずページ毎変換のフォームが出力されてしまいます。

回避するには、作品ページに行くために変換フォームページを必ず経由するサイト構成にするか、作品ページにアクセスする前に必ずアクセスするページ(例;作品一覧のページ・サイトのエンターページ・サイトのトップページ)でdream.phpを読み込ませます

  1. 作品ページにアクセスする前に必ずアクセスするHTMLファイルの一番最初(DOCTYPE宣言やXML宣言よりも前)に以下を書き足してください
    <?php require_once("そのページからdream.phpまでの相対パス"); ?>
  2. あなたが、「cookieを利用できない場合はpostを使う」に2(自動)を選択している場合は、前項のdream.phpを読み込ませる記述の$noForm = "1";の記述を忘れずにしてください
    <?php $noForm="1"; require_once("そのページからdream.phpまでの相対パス"); ?>
  3. そのファイルの拡張子を.phpに変更してください

パラメーターによってセッションを維持するために

せっかくセッションを保存しても、パラメーターが一箇所でも途切れたらそこでおしまいです。パラメーターを受け継ぐためには、名前変換フォームから作品ページまでのすべてのページが、dream.phpが読み込まれていて相対パスによってリンクが繋がっている必要があります。

  1. 変換フォームのページから、各作品ページにアクセスする間に経由するすべてのリンクを相対パスによるものにしてください。さらに可能な限り双方向(例;作品一覧ページから作品へ・作品から作品一覧ページへ)でリンクをはってください。
  2. 名前変換フォームのページからから、各作品ページにアクセスする間に必ず経由するすべてのHTMLファイルの一番冒頭(DOCTYPE宣言やXML宣言よりも前)に以下を書き足してください
    <?php require_once("そのページからdream.phpまでの相対パス"); ?>
    ※あなたが、「POST変換」もする場合で、「cookieを利用できない場合はpostを使う」に2(自動)を選択している場合は、前項のdream.phpを読み込ませる記述の$noForm = "1";の記述を忘れずにしてください
  3. 編集したファイルの拡張子を.phpに変更してください

進歩状況:導入準備→初期設定→変換フォーム→作品ページ→サイト構成について→アップロードして動作確認

コンテンツ最上部